不動産の相続登記

2019/09/28

不動産(土地・建物)の相続登記とは?

不動産の相続登記

亡くなられた方(被相続人)が不動産(土地・家屋など)をお持ちの場合、被相続人から配偶者・子供など(相続人)に名義を書き換える必要があります。
法務局に書類を提出し、登記簿に正しい所有者の名義などを記すことを登記といいます。
不動産登記は自分達でも手続きすることができますが、手間がかかったり、モレが出てしまうことがあります。

以下のように複雑な登記となる場合は、司法書士に手続きを代行してもらうこともオススメです。

複雑な登記例
  • 複数人で相続する(兄弟姉妹や養子などがいる)

  • 土地や建物の名義が分かれている

  • 複数の土地や建物を所有している

  • 担保(抵当権・地上権)がついている

  • しばらく相続登記をせずに放置されていた不動産がある

  • 法定相続分とは異なる遺産分割を行う

  • 認知症で後見人が必要

相続手続きや登記の費用

相続手続き・登記の費用は、相続する不動産の状況や相続人の状況によっても異なります。
今回は相続の相談窓口でもおすすめしている司法書士かわい事務所(三重県・愛知県・岐阜県対応可)の費用を参考にご紹介いたします。

➀不動産の名義変更手続費用

58,000円~
(取得費・登録免許税は別)

不動産については手続きが人それぞれで、特殊なケースもいくつかあります。
以下のようなケースでは費用が加算されます。
・不動産を3個以上所有している
・所有持分の異なる不動産(複数名義の土地や建物)がある
・法務局の管轄が異なる不動産がある
・他の相続人の名義変更がある

➁遺産分割協議書の作成費用

10,000円~
(不動産以外も含める場合は20,000円~)

土地や建物など不動産の登記については、持分に応じて分割はせず、特定の相続人が相続するケースも多いです。法定相続分と異なり一人の方が相続をする場合は、相続人全員の印鑑証明書などを添えた遺産分割協議書の作成が必要となります。
遺産分割協議書にモレがあると、数年後に再び作成しなおすことが必要となる場合もありますので、しっかり調べて遺産分割協議書を作成することが大切です。

詳しくはこちら

➂登記事項証明書・戸籍謄本証明書等の取得代行費用

1,000円/5通(登記事項証明書)
1,500円/1通(戸籍謄本等証明書の取得)

これらの書類はご自分でも簡単に取得が可能で、登記事項証明書は法務局でまとめて受け取れます。
不動産登記の際は、これらの書類取得代行費用を必ずセットにして費用を請求する司法書士事務所もありますが、司法書士かわい事務所ではご自身で取得するか、代行するか選んで頂くことができます。

➃上申書の作成費用

10,000円

被相続人の住所が引っ越しにより変更となった場合には、それぞれの住所での住民票を取得し、同一人物であることを証明しなければなりません。
しかし相続手続きをしないまま放置したりしていると、孫・ひ孫の代となって昔の住民票をとることが難しいケースが往々にしてあります。
このような場合は上申書を作成し、同一人物であることを証明した上で名義変更を行います。

ご自分で登記・遺産分割協議書を作成する際の注意

不動産の登記や遺産分割協議書は、ご自分で手続きを行うことが可能ですが、後からモレが発生して困るケースもあります。
例えば不動産登記をご自分で行った方の中には、名義の書き換えだけを行って抵当権解除を見逃すことも多く、土地を担保に住宅ローンを申請した際に問題となることがあります。

一度手続きをした後で銀行に抵当権解除の書類をとりにいったり、遺産分割協議書を作り直すために相続人全員の印鑑証明をとったりと、二度手間になるのは本当に面倒です。
本などでしっかり調べてもいいですが、初回相談だけなら無料とさせて頂いてますので、有料で司法書士に頼むかどうか悩んでいる方もお気軽に相続診断士にご相談下さい。

専門家の紹介_司法書士 河合一憲

ご相談はこちらから

いつでもご相談ください(050-53662-7256)

 

バナースマホ_WEB問合
いつでもご相談ください(050-53662-7256)
ボタン_WEB問合せ
LINEから相談受付中

相続の相談窓口の公式LINEでも24時間ご相談を受け付けております
登録して頂けると無料相談が受けられるほか、相続税・遺産分割などにかかわるセミナー情報、
知って得する情報をゲットすることができます。

LINEから相談受付中

相続の相談窓口の公式LINEでも
24時間ご相談を受け付けております

登録して頂けると無料相談が受けられるほか、相続税・遺産分割などにかかわるセミナー情報、知って得する情報をゲットすることができます。

 

© 2020相続の相談窓口 All Rights Reserved.

TOP