被相続人死亡後、長く間を開けず相続手続きを実施

2019/09/28

被相続人死亡後、長く間を開けず相続手続きを実施した事例

相談事例

相続相談事例/平成29年 A様

今回のケースは、土地の所有者であるお父様が亡くなられてから長く間を空けずに名義書換を行って頂いたため、相続争いが起こらずスムーズに手続きが完了しました。

お客様の声

60代男性A様アンケート

 

■ご相談者様:60代男性
■ご相談内容:不動産登記

 

Q1.どのようなことでお困りでしたか

不動産登記

Q2.相談してよかったと思いましたか

思いました。良い方を紹介され幸運です。

Q3.担当者の対応はいかがでしたか

大変好ましい方でした。書類の説明も詳しく教えて頂き安心しました。

Q4.担当者はご相談者さまの意向をくみ取っており、問題は解決できましたか

大変感謝しております。お力をお貸し頂きひと安心です。

Q5.同様の問題を抱える方がいたら、担当者を紹介してもいいと思いましたか。

思っております。

 

専門家の紹介_司法書士 河合一憲

担当専門家:河合からのコメント

■本件の相続人・関係者

ご相談者様は被相続人であるお父様が亡くなった後、お父様名義の不動産を相続されました。複数の相続人がおられましたが、土地に関してはご相談者様が相続されることにどなたも異論なく、スムーズに土地の名義書換を行うことができました。

■遺産相続争いを起こさないためのポイント

今回の案件は、土地の所有者であるお父様が亡くなられてから長く間を開けずに名義書換を行って頂いたため、相続争いが起こらずスムーズに手続きが完了しました。

相続による不動産の名義書換は義務ではありませんが、いつかは必ず行う必要があり、期間をあければデメリットもあります。

■土地の名義変更を先延ばしにした場合のデメリット

  • 相続発生から時間が経つほど相続人の心境の変化や経済状況の変化があり、相続争いが発生するリスクが上がります。
  • 必要書類の保存期間切れなどの理由で、手続きは困難なものになります。場合によっては司法書士の手数料が高くなる可能性があります。
  • 固定資産税は相続人に対して請求されますので、書換をしないからといって支払わなくてよいということはありません。

今は面倒だからと手続き後回しにすることは、ほとんどのケースでメリットはありません。故人名義になったままの土地があれば、早めに名義書換をされることをおすすめします。

土地の名義書換、遺産分割協議書の作成などをご検討の方、三重県・愛知県(名古屋)で相続でお悩みの方は、お電話・お問い合わせフォームからお気軽にご相談下さい。

 

お客様の声一覧はこちら

相続相談事例/平成29年 A様

今回のケースは、土地の所有者であるお父様が亡くなられてから長く間を空けずに名義書換を行って頂いたため、相続争いが起こらずスムーズに手続きが完了しました。

お客様の声男性60代

お客様の声

Q1.どのようなことでお困りでしたか

不動産登記

Q2.相談してよかったと思いましたか

思いました。良い方を紹介され幸運です。

Q3.担当者の対応はいかがでしたか

大変好ましい方でした。書類の説明も詳しく教えて頂き安心しました。

Q4.担当者はご相談者さまの意向をくみ取っており、問題は解決できましたか

大変感謝しております。お力をお貸し頂きひと安心です。

Q5.同様の問題を抱える方がいたら、担当者を紹介してもいいと思いましたか。

思っております。

 

■ご相談者様:60代男性   ■ご相談内容:不動産登記

 
60代男性A様アンケート


担当専門家:河合からのコメント

■本件の相続人・関係者

ご相談者様は被相続人であるお父様が亡くなった後、お父様名義の不動産を相続されました。複数の相続人がおられましたが、土地に関してはご相談者様が相続されることにどなたも異論なく、スムーズに土地の名義書換を行うことができました。

■遺産相続争いを起こさないためのポイント

今回の案件は、土地の所有者であるお父様が亡くなられてから長く間を開けずに名義書換を行って頂いたため、相続争いが起こらずスムーズに手続きが完了しました。

相続による不動産の名義書換は義務ではありませんが、いつかは必ず行う必要があり、期間をあければデメリットもあります。

■土地の名義変更を先延ばしにした場合のデメリット

  • 相続発生から時間が経つほど相続人の心境の変化や経済状況の変化があり、相続争いが発生するリスクが上がります。
  • 必要書類の保存期間切れなどの理由で、手続きは困難なものになります。場合によっては司法書士の手数料が高くなる可能性があります。
  • 固定資産税は相続人に対して請求されますので、書換をしないからといって支払わなくてよいということはありません。

今は面倒だからと手続き後回しにすることは、ほとんどのケースでメリットはありません。故人名義になったままの土地があれば、早めに名義書換をされることをおすすめします。

専門家の紹介_司法書士 河合一憲

土地の名義書換、遺産分割協議書の作成などをご検討の方、三重県・愛知県(名古屋)で相続でお悩みの方は、お電話・お問い合わせフォームからお気軽にご相談下さい。


 

お客様の声一覧はこちら

ご相談はこちらから

いつでもご相談ください(050-53662-7256)

 

バナースマホ_WEB問合
いつでもご相談ください(050-53662-7256)
ボタン_WEB問合せ
LINEから相談受付中

相続の相談窓口の公式LINEでも24時間ご相談を受け付けております
登録して頂けると無料相談が受けられるほか、相続税・遺産分割などにかかわるセミナー情報、
知って得する情報をゲットすることができます。

LINEから相談受付中

相続の相談窓口の公式LINEでも
24時間ご相談を受け付けております

登録して頂けると無料相談が受けられるほか、相続税・遺産分割などにかかわるセミナー情報、知って得する情報をゲットすることができます。

 

© 2020相続の相談窓口 All Rights Reserved.

TOP